« ヴィットリオ・エマヌエーレの半生 | トップページ | チャンピ前大統領、国民投票にはNOと投票 »

2006年6月21日 (水)

ロッシ、復活!

Rossi_capirossi カピロッシ、ヘイデン、ロッシ(イタリアGP)

Photo_21 多重クラッシュ(カタルニアGP)

バイク・レースの最高峰、モトGPで、今年前半、リタイアなど不調だったロッシが、復活した(この項、日本テレビおよびコリエレ・デッラ・セーラ6月5日)。

モトGPで、年間優勝を5回果たしている王者ヴァレンティーノ・ロッシ。しかし、これまでのところ、第6戦のイタリア・グランプリを終了した時点での順位は、

1位 カピロッシ 99点
2位 ヘイデン  99点
3位 メランドリ  89点
4位 ペドロサ  86点
5位 ロッシ   65点

と例年では、まったく考えられない5位に甘んじている。

とはいうものの、6月4日のイタリア・グランプリで、カピロッシと何度も抜きつ抜かれつの激闘の末に、久々の勝利をおさめた。

つづく第7戦は、カタルニアGPで、6月18日(日曜日)。ロッシはここで初のポールポジションをとる。ところがスタート直後、大クラッシュが発生し、6台がその犠牲となった。カピロッシ、メランドリ、ジベルナウといった有力選手がリタイアしてしまった。

そこで、再スタートとなったが、また不具合があり、三回目のスタート。その後も次々と転倒者が続出した。

ロッシは再スタートこそ、遅れたものの、その後、徐々に順位をあげ、一位でフィニッシュを迎えた。

この結果、第7戦終了時には、

1位 ヘイデン 119点
2位 カピロッシ 99点
3位 ロッシ    90点

となり、ロッシは総合点で三位に浮上した。

次回、第8戦オランダGPは、24日(土曜日)である(通常は日曜日)。日本テレビがモトGPを放映してくれるのはありがたいが、試合日と放映日の関係がこの頃一定しないので、テレビでご覧になる方は、注意が必要です。

|

« ヴィットリオ・エマヌエーレの半生 | トップページ | チャンピ前大統領、国民投票にはNOと投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10623485

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシ、復活!:

« ヴィットリオ・エマヌエーレの半生 | トップページ | チャンピ前大統領、国民投票にはNOと投票 »