« プローディ、減税と投資について語る | トップページ | カルロ・スカルパ生誕百年 »

2006年6月 1日 (木)

財務警察、ミラン、インテルの本部を捜索

25日、財務警察は、セリエAのミラン、インテルをはじめ、ヴィチェンツァ、カリアリ、トリエスティーナ、パドヴァ、メッシーナの本部を捜索した(コリエレ・デッラ・セーラ、5月26日)。

この捜索は、トリノ検事局の指示によるもので、ユヴェントゥスの「粉飾決算」疑惑に絡むもの。

ブルーノ・ティンティ検察官は、2000年から2005年の間の、ユヴェントゥスと他チームの間でやりとりされた選手のトレードに注目している。

詳細を調べられている契約は41ある。特に注目されているのは、カリーニ、ダマート、ベレッタ、チンゴラーニの4人の移動である。

|

« プローディ、減税と投資について語る | トップページ | カルロ・スカルパ生誕百年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10337970

この記事へのトラックバック一覧です: 財務警察、ミラン、インテルの本部を捜索:

« プローディ、減税と投資について語る | トップページ | カルロ・スカルパ生誕百年 »