« 国民投票、終了, | トップページ | 国民投票、憲法改正否決 »

2006年6月27日 (火)

イタリア、トッティのペナルティ・キックで勝つ

Totti2

ワールドカップのイタリア対オーストラリアは、終了間際、トッティがペナルティ・キックを決め1対0でイタリアが勝利をおさめた(この項、TBSテレビおよび corriere.it).

前半は、0対0。イタリアは、何度かトーニにボールが渡ってシュートの場面があったが、得点につなげることが出来なかった。

後半、5分で、マテラッツィがレッドカードで退場。荒いプレーではあったが、レッドカードが適当であったかどうかは、議論の余地のあるものであった。

ここから、後半はイタリア10人、オーストラリア11人の戦いとなり、イタリアは守勢に立たされる。後半30分で、フォワードのデル・ピエロをトッティに交代。ここから、少しイタリアが攻めるシーンが見られるようになった。

90分が終わり、ロスタイムに入り、あわや延長戦かと思われたときに、ゴール前に攻め込んだグロッソに対するオーストラリアの反則がとられ、ペナルティ・キック。千載一遇のチャンスをフランチェスコはものにした。

トッティは試合終了後、批評家たちのコメントが聞きたいものだと、挑発的な言葉をはいた。ワールドカップ直前に怪我をして回復がどの程度かが不明のため、トッティの起用に関しては様々な意見が飛び交っていたからである。

|

« 国民投票、終了, | トップページ | 国民投票、憲法改正否決 »

コメント

ハイライトを見ました。はらはらする試合でしたね。
日本が相手じゃこんな試合は見られなかったと思うので、その意味でもオーストラリアが勝ってくれてよかったんじゃないかと非国民なわたしは思うのでした。

投稿: azusa | 2006年6月27日 (火) 19時35分

オーストラリアが決勝に進んでくれて、のほうが正確な表現でしたね。失礼しました。

投稿: azusa | 2006年6月27日 (火) 19時37分

そうですね、微妙なところですね。
イタリア中心に考えると、強豪とあたるのはなるべく先送りしたいわけです。今回のオーストラリア戦では、レッドカードもイエローカードももらっており、次の試合での選手の使い方がどんどんむずかしくなっています。

投稿: panterino | 2006年6月27日 (火) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10696996

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア、トッティのペナルティ・キックで勝つ:

« 国民投票、終了, | トップページ | 国民投票、憲法改正否決 »