« 「カルティエ現代美術財団コレクション展」 | トップページ | ボレッリ、起訴状を書く »

2006年6月23日 (金)

イタリア、決勝トーナメント進出

Photo_26 Buffon180x140

サッカー、ワールドカップで、イタリアは、チェコを2対0でくだし、決勝トーナメント進出を決めた(この項、フジテレビと Corriere.it).

試合開始直後は、明らかにチェコが優位。ネドヴェドを軸に早い攻めで、イタリアのゴールに襲いかかったがブッフォンのファイン・プレーにはばまれた。

イタリアは、アタッカンティ(FW)のトーニをはずした意表をつく陣営。前半ネスタが怪我で退場し、マテラッツィと交代したが、そのマテラッツィが、コーナーキックをヘディング・シュートで決めた。背の高さを生かしきった、見事なシュート。

あせりが出たのか、チェコはプレーが荒くなり、選手がイエローカード二枚をもらい退場。11人対10人のプレーとなる。

後半は、人数の差もあり、ほぼイタリアのペース。ジラルディーノに代えてインザーギを投入し、インザーギはオフサイドぎりぎりに待ちかまえていて、チャンスをものにして二点目を入れ、勝負は決まった。

|

« 「カルティエ現代美術財団コレクション展」 | トップページ | ボレッリ、起訴状を書く »

コメント

イタリア決勝トーナメントに進めてよかったですね!
僕は個人的にインザーギ大好きです!彼は早い!シュートも正確!

投稿: J.Mannen | 2006年6月23日 (金) 22時34分

ええ、ここからですね。
インザーギ、オフサイドすれすれの飛び出し、見事でした。

投稿: panterino | 2006年6月24日 (土) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10640017

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア、決勝トーナメント進出:

« 「カルティエ現代美術財団コレクション展」 | トップページ | ボレッリ、起訴状を書く »