« 財務警察、ミラン、インテルの本部を捜索 | トップページ | アマート内相、移民受け入れ増加の方針 »

2006年6月 1日 (木)

カルロ・スカルパ生誕百年

Scarpa

ブリオン家墓地

イタリアの建築家カルロ・スカルパの生誕百年を記念して各地で展覧会などが催される((コリエレ・デッラ・セーラ、5月26日)

カルロ・スカルパはヴェネツィアで1906年に生まれた。建築デザインを学び、1926年からヴェネチア建築大学校で教え始める。1948年には、ヴェネツィアのビエンナーレに参画。

作品としては、ヴェローナのカステルヴェッキオ博物館やサン・ヴィート・ダルティヴォーレのブリオン家墓地などが有名。

亡くなったのは、仙台のホテルで、眼鏡を取り忘れ、階段をころげおちたための事故死であった。1978年のことである。日本はお気に入りで、20歳以上年下の友人アルド・ブジナーロと来て、京都や富士山を見たりした。また、建築家ライトを尊敬していて、ライトの日本への情熱を共有したいと考えてもいたようだ。

|

« 財務警察、ミラン、インテルの本部を捜索 | トップページ | アマート内相、移民受け入れ増加の方針 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10345326

この記事へのトラックバック一覧です: カルロ・スカルパ生誕百年:

« 財務警察、ミラン、インテルの本部を捜索 | トップページ | アマート内相、移民受け入れ増加の方針 »