« イタリアの国民投票 | トップページ | リクッチの隠れた仲間 »

2006年6月 7日 (水)

大臣のブログ

Lanzillotta_1

プローディ内閣の女性大臣ランツィッロッティのブログ(http://www.lindalanzillotta.it/)で、内閣についてのアンケートをとったが結果は、「凡庸」や「あまりに党派的」というものが多かった(コリエレ・デッラ・セーラ、6月1日)。

州務大臣リンダ・ランツィッロッティが自らのブログで、プローディ内閣をどう思いますか、というアンケートをとったところ、
凡庸        29%
あまりに党派的 19%
女性が少ない  13%
昨日まではベルルスコーニだったのだから嘆かないでおこう          11%
まあまあ      19%
最高         10%

大臣もこの結果には驚いているが、女性の存在が少ないという点以外は、評価には同意していないとのこと。また、政府に対する評価はすぐに変わると信じている、と述べた(今、7日夜の時点で、このアンケート結果を見ると、「凡庸」という評価は40%にものぼっている)。

プローディは落ち着いたもので、「ブログ参加者は少数で、質は高いかもしれないが、広範な世論を表わしているとは言えない。彼らはつねに大変批判的である」といなした。

他にロジー・ビンディ家庭大臣もブログを持っているが、事実婚に理解を示す発言をしたところ、カトリック系読者から批判が押し寄せたという。

|

« イタリアの国民投票 | トップページ | リクッチの隠れた仲間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10433573

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣のブログ:

« イタリアの国民投票 | トップページ | リクッチの隠れた仲間 »