« リクッチ、本格的自供始める | トップページ | ボンプレッシに恩赦 »

2006年6月 6日 (火)

ドラーギ、経済成長が最優先

Draghi

経済を成長軌道にのせることが最優先課題である、とイタリア中央銀行総裁のマリオ・ドラーギは語った(コリエレ・デッラ・セーラ、6月1日)。

イタリア中央銀行の会合の最終報告で、「成長軌道にもどることが最優先」と語った。

また、国家財政の健全化が必要で、それには国内総生産の2%相当の介入が必要であるとの見解を示した。

年金受給開始の年齢を上げる必要性についても語った。

銀行同士の吸収・合併については、当事者どうしで決め、イタリア中央銀行にあらかじめ届け出るシステムを廃する意向だ。

労働組合Cgil の委員長グリエルモ・エピファーニは、年金に関しては、立場が違うとの見解を表明した。

|

« リクッチ、本格的自供始める | トップページ | ボンプレッシに恩赦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10417370

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ、経済成長が最優先:

« リクッチ、本格的自供始める | トップページ | ボンプレッシに恩赦 »