« ドニゼッティ『連隊の娘』 | トップページ | 『イタリア旅行』 »

2006年6月 4日 (日)

公共工事、中止のおそれ

Di_pietro01

ディ・ピエートロ大臣

イタリア自動車道路公団による大きな公共工事および鉄道工事は、政府の赤字のため、8月には中止に追い込まれる可能性が出てきた(コリエレ・デッラ・セーラ、5月30日)。

中止のある大きな公共工事は、サレルノーレッジョカラーブリア間の高速道路、ローマ大環状道路(三車線への拡張が、中止に追い込まれるおそれあり)、ヴェネツィアの対岸のメストレの道路、そして、トスカーナ地方の高速鉄道の工事である。

8月には、工事中止となる可能性がある。アントニオ・ディ・ピエートロ大臣の発言である。同インフラ整備大臣によると、財務省には、道路であれ、鉄道であれ、工事のための金がない。

不足額は全体で40億ユーロにのぼる。

ではどの工事が中止のリスクがあるのか? 「すべて」であると、Anas (Azienda Nazionale Autonoma delle Strade イタリア自動車道路公団)の代表取締役であるヴィンチェンツォ・ポッツィは答えた。

Anasは工事を中断しないためには、11億から12億ユーロが欠如しているという。

鉄道に関しても状況は同様で、40億ユーロが必要なところ、30億ユーロが不足している。

|

« ドニゼッティ『連隊の娘』 | トップページ | 『イタリア旅行』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10384108

この記事へのトラックバック一覧です: 公共工事、中止のおそれ:

« ドニゼッティ『連隊の娘』 | トップページ | 『イタリア旅行』 »