« ダレーマ、イラク撤兵準備のためワシントンへ | トップページ | 「ポンペイの輝き」展 »

2006年6月 2日 (金)

Cisl の書記長、減税は非正規雇用を減らすために

Cisl(イタリア労働者組合同盟)の新書記長ラッファエーレ・ボナンニは、減税は、非正規雇用を減らすためになされるべきであるとの考えを明らかにした(コリエレ・デッラ・セーラ、5月29日)。

これは、労働大臣チェーザレ・ダミアーノの提案に応えた最初の労働組合側からの返答となる。

ボナンニは、TG3(ニュース番組)でインタビューに答えて、「以前から Cisl は、減税は、ばらまきではなくて、選択的に実施されるべきだと主張してきた。女性や50歳以上の労働者の雇用に有利になるように用いられるべきだ」と語った。

Cisl のリーダーは、非正規雇用者の賃金を引き上げる交渉に入るべきだとも述べた。

課税を5ポイント下げるためには、財源として100億ユーロ(1兆4000億円)が必要である。外国との競争によりさらされている部門から減税を実施するという案もある。

また、労働大臣は、減税の恩恵は、会社と労働者が50%ずつ享受すべきであると考えているが、経営者側のConfindustria (イタリア産業総連盟)は、比率を3分の2対3分の1とすべきであると考えている。

|

« ダレーマ、イラク撤兵準備のためワシントンへ | トップページ | 「ポンペイの輝き」展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10354486

この記事へのトラックバック一覧です: Cisl の書記長、減税は非正規雇用を減らすために:

« ダレーマ、イラク撤兵準備のためワシントンへ | トップページ | 「ポンペイの輝き」展 »