« 公共工事、中止のおそれ | トップページ | リクッチ、本格的自供始める »

2006年6月 5日 (月)

『イタリア旅行』

Viaggio_in_italia

グランド・トゥアーに関する新刊 Il viaggio in Italia が出版された(コリエレ・デッラ・セーラ、5月30日)。

著者は、Attilio Brilli で、英米文学の教授。出版社は Il Mulino, 25ユーロ。

紹介されている例は、文学者のものが多く、たとえば、ディケンズにとっては、マッジョーレ湖に浮かぶボロメオ諸島が優美な島だった。

アンナ・ジェイムスンというバイロン夫人と交流のあった文筆家は、1826年にイタリアを訪れ、この国を訪れなければピクチャレスク(pittoresco, picturesque)という言葉を理解できなかったろう、と語った。

その他、ラスキン、シェリーなど、18世紀、19世紀のインテリのグランド・トゥアーを辿った本である。

|

« 公共工事、中止のおそれ | トップページ | リクッチ、本格的自供始める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10400431

この記事へのトラックバック一覧です: 『イタリア旅行』:

« 公共工事、中止のおそれ | トップページ | リクッチ、本格的自供始める »