« サッカー疑惑、捜査はボレッリにゆだねられる | トップページ | ピオ12世は、最初の国民投票の延期をのぞんでいた »

2006年5月29日 (月)

サッカー、71クラブが不正経理の疑惑

イタリアのサッカーの71のクラブが、財務警察から不正経理の疑いで、関連書類の提出を求められている(コリエレ・デッラ・セーラ、5月24日)。

書類提出を求められたセリエAのチームは次の通り:
エンポリ、リヴォルノ、パレルモ、フィオレンティーナ、アスコリ、カリアリ、サンプドリア、メッシーナ、インテル、ミラン、パルマ、ローマ、ラツィオ、シエナ、レッジーナ、キエヴォ

セリエBで書類提出を求められているのは18チーム。セリエC1は、12チーム。セリエC2は12チーム。セリエDは4チーム。以下省略。

トリノ検事局は、ユヴェントゥスが獲得したり放出したりした41人のサッカー選手の契約についても取り調べている。

|

« サッカー疑惑、捜査はボレッリにゆだねられる | トップページ | ピオ12世は、最初の国民投票の延期をのぞんでいた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10294350

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー、71クラブが不正経理の疑惑:

« サッカー疑惑、捜査はボレッリにゆだねられる | トップページ | ピオ12世は、最初の国民投票の延期をのぞんでいた »