« イタリア女性の家事労働 | トップページ | 《心の中の獣》 »

2006年5月 2日 (火)

非正規雇用は増えていない?

ビアジ法で、非正規雇用が増加していると非難する人は、非難の対象を誤っている。データからは、2001ー2005年に、期限付き契約の割合は、安定している(コリエレ・デッラ・セーラ、4月22日)。

データは、ISTAT(政府中央統計局)によるもので、解析は、ミラノ国立大学教授(労働法)のピエトロ・イキーノによる。

イキーノによると、ビアジ法によって150万人の雇用が増えた(ベルルスコーニ政権の主張)というのも、ビアジ法によって非正規雇用が増えた(中道左派の主張)も、データからは支持し得ないものとなる。

Istatのデータは2つのことを我々に示している。1つは、雇用の増加は、1998年に開始し、2001年の2,6%増でピークに達し、2002-2005年はそれほどでもない。もし、法律と雇用増加との一致を言うのであれば、1997年の「パケット・トレウ法」の方がビアジ法よりも連動している。

2番目は、期限付き雇用はー12%から14%へと約2%増加ーベルルスコーニ政権(2001-2006年)に増加したのではなく、1990年代に増加したのである。

問題なのは、非正規雇用が長期にわたる人が出てきたことだ。2005年に正規雇用の人は63,4%、非正規雇用は10,8%なのだが、2004年に仕事がなかった人に限定すると、正規雇用は39,4%に減り、非正規雇用は、40,5%に跳ね上がってしまうのである。

イキーノは、それは、労働者個人の生産性の格差が拡大し、企業側も待遇の格差を広げているという問題なのだという。

|

« イタリア女性の家事労働 | トップページ | 《心の中の獣》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9855524

この記事へのトラックバック一覧です: 非正規雇用は増えていない?:

« イタリア女性の家事労働 | トップページ | 《心の中の獣》 »