« フランコ・マリーニ、上院議長に選出 | トップページ | MPSとUnipol »

2006年5月 8日 (月)

大臣候補

まだプローディが正式に首相に指名されていないが、プローディは内閣の準備を進める中、大臣の候補者が取り沙汰されている(コリエレ・デッラ・セーラ、4月30日)。

内務大臣候補は、アルトゥーロ・パリージ。彼は、外務大臣にも名前があがっていたが、左翼民主(党)の委員長マッシモ・ダレーマが外務大臣になるかもしれない(ダレーマは、大統領をねらうかもしれないのだが)ので、その場合は、パリージが内務大臣になる可能性がある。

ヴェルディ(緑の党)のアルフォンソ・ペコラーロ・スカーニョは農業大臣候補。しかし、パオロ・デ・カストロの線もある。緑の党は、環境大臣も要求している。

環境大臣候補としては、左翼民主(党)のファビオ・ムッシおよびマルゲリータ党のエルメーテ・レアラッチがいる。

法務大臣候補には、左翼民主(党)のアンナ・フィノッキアーロ。

経済大臣の有力候補なのは、トンマーゾ・パドア=スキオッパ。

公教育大臣候補には、元厚生大臣のロジー・ビンディをマルゲリータ党が推している。

文化財大臣候補は、もっとも競争の激しいポストの一つで、左翼民主党のゴッフレード・ベッティーニの他、ジョヴァンナ・メランドリ、ダリオ・フランチェスキーニがねらい、Pdci(イタリア共産主義者党)は、アルベルト・アソル・ローザ教授(イタリア文学)を推している。

|

« フランコ・マリーニ、上院議長に選出 | トップページ | MPSとUnipol »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9960212

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣候補:

« フランコ・マリーニ、上院議長に選出 | トップページ | MPSとUnipol »