« ユヴェントゥス、審判疑惑とGea | トップページ | イタリア大統領選の途中経過 »

2006年5月15日 (月)

イタリア・サッカー連盟会長カッラーロ辞任

イタリア・サッカー連盟の会長フランコ・カッラーロがユヴェントゥス、審判、Geaの不正疑惑など一連の事件をうけ辞任した(コリエレ・デッラ・セーラ、5月9日)。

イタリア・サッカー連盟(Federazione Italiana Giuoco Calcio: 略称は Figc の場合と Federcalcio の場合がある)の会長フランコ・カッラーロは、最初に会長になったのは、1976年であった。

カッラーロ(66歳)は若い時は、水上スキーの選手で、世界で銅メダル、6つのヨーロッパ・タイトル、11のイタリア・タイトルを獲得している。

こうして23歳の時には、水上スキー連盟の会長となった。また、1964年の東京オリンピックには、経験を積むため、自前で東京に来ている。

1967年には、父ルイージの急逝をうけ、ミランの会長に就任し、セリエA,Coppa delle Coppe, Coppa Campioni, Coppa Intercontinentale など多くの優勝に導いた。

1989年から93年には、ローマの市長(社会党)をつとめている。

イタリア・サッカー連盟の会長に再び就任したのは、2001年のことである。

|

« ユヴェントゥス、審判疑惑とGea | トップページ | イタリア大統領選の途中経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10073845

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア・サッカー連盟会長カッラーロ辞任:

« ユヴェントゥス、審判疑惑とGea | トップページ | イタリア大統領選の途中経過 »