« カブールで、イタリア山岳兵2名死亡 | トップページ | ジーロ・ディタリア始まる »

2006年5月11日 (木)

《無防備都市》の脚本、発見

長らく行方不明になっていた  《無防備都市》 の脚本が発見され、近くそれを含んだ単行本が出版される(コリエレ・デッラ・セーラ、5月6日)。

「映画の歴史は2つの時期に分かれる。《無防備都市》の前と後だ」と言ったのは、オットー・プレミンガー(プレミンジャー:オーストリア生まれで、アメリカで活躍のため両方の発音がある)監督であるが、5月8日は、《無防備都市》をつくったロッセリーニ監督の生誕100周年である。

《無防備都市》をめぐっては、様々な伝説がある。照明の電気は、米軍用の新聞の編集局から盗んだ(本当)とか、用いられたフィルムが質の悪いものだった(うそ)とか。

長年、謎とされてきた脚本をめぐるミステリーを、批評家・脚本家・映画監督のステーファノ・ロンコローニが解き明かした『《無防備都市》の歴史』が、ボローニャのチネテーカおよび出版社 Le Mani から出る。

これまで、一部には、《無防備都市》は、脚本などなくて、ロッセリーニの霊感によってストーリーの進行が決まったなどと言われていたが、セルジョ・アミデイの書いた脚本をついにロンコローニが入手したのである。

結局、脚本は撮影より前に存在したことが判明した。脚本と映画の相違点で大きな違いは二つ。

ピーナ(アンナ・マニャーニ)が死ぬ場面とドン・ピエトロへのとどめの一撃が、脚本ではファシストによるものとなっていたのが、ナチスによるものに変更されている。これは、おそらく、映画が製作された時期、国内での融和がはかられていたためだろうと推察される。

|

« カブールで、イタリア山岳兵2名死亡 | トップページ | ジーロ・ディタリア始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10016897

この記事へのトラックバック一覧です: 《無防備都市》の脚本、発見:

« カブールで、イタリア山岳兵2名死亡 | トップページ | ジーロ・ディタリア始まる »