« モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? | トップページ | 教皇、婚姻外の愛は弱い »

2006年5月18日 (木)

シチリア州知事選挙のため、RAIがファルコーネのテレビ映画を放映中止

シチリア州知事選挙の選挙期間中であることを理由に、RAIがファルコーネのテレビ映画の放映を中止にする決定をくだした(コリエレ・デッラ・セーラ、5月12日)。

5月23日は、マフィア取り締まりの第一線にいたファルコーネ判事が、高速道路走行中、護衛もろとも爆破されたカパーチ殺戮事件の12周年である。

12周年を記念して「ジョヴァンニ・ファルコーネ」という三時間のテレビ映画が放映される予定であったが、ファルコーネの同僚で同じくマフィアに爆殺された故ボルセッリーノ判事の妹リータが選挙に出ているということを理由に放映が中止となった。

リータ・ボルセッリーノは、中道左派からシチリア州知事選挙に立候補し、今、選挙期間中なのである。

RAIの言い分としては、立候補者に対する中立を保つための措置であるという。映画の中には、当然、故ボルセッリーノ判事は登場する。

Unione(中道左派)の人々は、この措置に憤激している。

|

« モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? | トップページ | 教皇、婚姻外の愛は弱い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10120279

この記事へのトラックバック一覧です: シチリア州知事選挙のため、RAIがファルコーネのテレビ映画を放映中止:

« モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? | トップページ | 教皇、婚姻外の愛は弱い »