« ユヴェントゥスの理事会辞任 | トップページ | モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? »

2006年5月17日 (水)

ジジ・ブッフォンの取り調べ

ユヴェントゥスのゴール・キーパー、ジジ・ブッフォンが賭博の容疑で取り調べを受けた(コリエレ・デッラ・セーラ、5月12日)。

ユヴェントゥスのナンバーワンであり、地球一のゴールキーパーとも称されるジジ・ブッフォンがトリノの検事局の取り調べをうけた。

容疑は、他人の名義を借りて、サッカーの試合に賭けていたのではないかというもの。1989年第401号法に違反している可能性があるというものである。

同様の容疑は、エンツォ・マレスカ(現在は、セビリア)、アントニオ・キメンティ、マーク・ユリアーノにもかかっている。

|

« ユヴェントゥスの理事会辞任 | トップページ | モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10118994

この記事へのトラックバック一覧です: ジジ・ブッフォンの取り調べ:

« ユヴェントゥスの理事会辞任 | トップページ | モッジ、ワールド・カップ代表選手選考に圧力? »