« Gea の強引な営業方針 | トップページ | 9チームが捜査対象に »

2006年5月15日 (月)

ナポリターノ、第四回目の得票

ジョルジョ・ナポリターノが第四回目の投票で新大統領に当選したときの開票結果が明らかになった(コリエレ・デッラ・セーラ、5月11日)。

第四回目の投票は、5月10日に実施された。投票権者(I  grandi elettori) は1009。出席者は1000。投票者は990、棄権が10。第四回目から、議決定数が過半数となる(第三回目までは3分の2)ので、今回の議決定数は505。

投票結果
ジョルジョ・ナポリターノ  543
ウンベルト・ボッシ      42
マッシモ・ダレーマ      10
ジュリアーノ・フェッラーラ  7
ジャンニ・レッタ        6
シルヴィオ・ベルルスコーニ 5
ロベルト・ディ・ピアッツァ   3
セルジョ・ピニンファリーナ  3
白票              347
無効               14
紛失               10

10人の棄権者は次の通り:
7人のフォルツァ・イタリア党の下院議員。ステファーニア・クラクシ、イザベッラ・ベルトリーニ、ジュゼッペ・コッシーガ、グイド・クロゼット、シモネッタ・スカルディーノ・リカストロ、パトリツィア・パオレッティ・タンゲローニ、セルジョ・ピッツォランテ
3人のフォルツァ・イタリア党の上院議員。ラウラ・ビアンコーニ、マリア・ブラーニ・プロカッチーニ、オンブレッタ・コッリ。

上院議長および下院議長は、慣習にしたがって投票しなかった。

|

« Gea の強引な営業方針 | トップページ | 9チームが捜査対象に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10086354

この記事へのトラックバック一覧です: ナポリターノ、第四回目の得票:

« Gea の強引な営業方針 | トップページ | 9チームが捜査対象に »