« 非正規雇用は増えていない? | トップページ | 《クオ・ヴァディス、ベイビー?》 »

2006年5月 2日 (火)

《心の中の獣》

Photo_1

2006年イタリア映画祭が始まった。この映画祭は、日本におけるイタリア年を記念して始まったが、その後も続けてゴールデンウィークに実施し、今年が6年目である(写真は映画祭公式ホームページからのものです)。

《心の中の獣》を観た。監督はクリスティーナ・コメンチーニ。《ブーベの恋人》で有名なルイージ・コメンチーニの娘であり、去年の映画祭で上映された《ママは負けない》の監督フランチェスカ・コメンチーニの姉である。

主人公サビーナが墓地を訪れるところから映画は始まる。サビーナの兄は、アメリカに住んでいる。サビーナは、妊娠を機に、妙な夢にうなされるようになる。

(ここから先、ネタばれのおそれがありますーもっとも、パンフレットにもそれとなく書かれていますが)
 
幼いときに、サビーナは性的なトラウマを負ったらしいこと、それが夢の形で蘇ってきているのだということが強く、繰り返し示唆される。

サビーナは、同居しているフランコにも打ち明けられず、アメリカの兄ダニエーレ(ルイジ・ロ・カーショ)のところへ行く。兄はアメリカ人女性と結婚し、二人の子供を持ち、幸せそうであるが、しばらくすると、兄もトラウマをかかえ、自分の子供たちとうまく関係を持てぬことが判明する。

この重いテーマと並行して、サビーナの盲目の友人エミーリア(ステファニア・ロッカ)と同僚マリーア(アンジェラ・フィノッキアーロ)の交流が始まる。サビーナがアメリカに行っている間、一人暮らしのエミーリアにメールをよこすのだが、盲目なので、マリーアに朗読してもらうのである。

交流するうちに、エミーリアのサビーナへの愛、エミーリアの同性愛をマリーアが受け入れていく様子が描かれる。

この脇役たちが、盲目であったり、同性愛者であったり、夫に棄てられたことを嘆いていたりと、様々に多様で、少数派の立場にあること、それが結構ユーモラスに描かれていることが、メインの重いテーマをないがしろにするのでなく、むしろ重いのと軽い(本来こちらも扱いようによっては重いテーマとなりうるものだが)のが交差することによって、観客が双方のテーマを生理的に受け入れやすくしていると思う。そこが、この映画の巧みなところだ。

ジョヴァンナ・メッゾジョルノ(《向かいの窓》)のサビーナとルイージ・ロ・カーショの兄ダニエーレの痛ましい絆が話の核にある。

今回の映画祭では、短編(5-10分程度)と二時間程度の映画を組み合わせている。《心の中の獣》と組み合わせられたのは、《ゲーム》という作品。アニメで、キャラクターがどんどん変身していくタイプのもの。荒っぽいが、魅力はある。

|

« 非正規雇用は増えていない? | トップページ | 《クオ・ヴァディス、ベイビー?》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9870001

この記事へのトラックバック一覧です: 《心の中の獣》:

« 非正規雇用は増えていない? | トップページ | 《クオ・ヴァディス、ベイビー?》 »