« イル・マニフェスト紙、35周年 | トップページ | ルテッリ、アウトストラーデの合併に待った »

2006年5月 1日 (月)

アリダ・ヴァッリ死去

アリダ・ヴァッリが死んだ。84歳だった(コリエレ・デッラ・セーラ、4月23日)。

アリダ・ヴァッリの本名は、Alida Maria Laura Altenburger, baronessa von Marckenstein und Frauenberg ということで貴族だった。生まれたのは、ポーラ(現クロアチア)、1921年5月31日。

16歳のときに、コモ湖のほとりに移る。そこからミラノへ行き、さらにローマへ出る。またたく間に、当時のスターとなる。

彼女の芸名がアリダ・ヴァッリとなったのは、1937年からであるが、そのキャリアは2000年まで続く。それゆえ、彼女のキャリアは第二次大戦前と戦後に分かれる。個人的にも、婚約者のパイロットが戦死したという事件があった。

戦前の映画には、Feroce saladino,  Mille lire al mese,  Assennza ingiustificata などがあり、さらに、Ore 9 lezione di chimica,  Eugenia Grandet (1946), Manon Lescaut,  Due organelle があるというが、筆者は残念ながら観たことがない。

戦後、2人の幼子をともなってハリウッドに進出。《パラダイン夫人の恋》(1947)で、グレゴリー・ペックと共演、ヒッチコック監督。1949年には、《第三の男》(キャロル・リード監督)に出演。

イタリアに帰って、ヴィスコンティのもと《夏の嵐》(1954)に出演。1967年にはパゾリーニの《オイディプス王》に出ている。ベルトルッチ作品にも複数出ている。

1997年には、そのキャリアを讃えて、ヴェネツィア映画祭で金獅子賞を受賞。

芸術的には成功に満ちた生涯であったが、男性にはめぐまれなかったようだ。

チャンピ大統領は家族にお悔やみの言葉をおくり、「戦前のコメディー映画で人気を博し、イタリアの恋人」だったと評した。

ローマ市長ヴェルトローニの意向で、葬儀は、カンピドリオで行われる予定である。

|

« イル・マニフェスト紙、35周年 | トップページ | ルテッリ、アウトストラーデの合併に待った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9838029

この記事へのトラックバック一覧です: アリダ・ヴァッリ死去:

« イル・マニフェスト紙、35周年 | トップページ | ルテッリ、アウトストラーデの合併に待った »