« 第一回投票で選ばれた大統領 | トップページ | イタリアのポルノ産業 »

2006年5月13日 (土)

フェラーリ復調

5月7日のF1ヨーロッパGPで、フェラーリのミハエル・シューマッハが優勝し、フェラーリを復調を印象づけた(コリエレ・デッラ・セーラ、5月8日)。

ニュルブルクリンクで行われたヨーロッパ・グランプリは、1位シューマッハ(フェラーリ)、2位フェルナンド・アロンソ(ルノー)、3位フェリペ・マッサ(フェラーリ)で、フェラーリの復調を印象づけた。

最速周回記録も、シューマッハの第39週目1分32秒099だった。

これで、パイロットの得点は、
アロンソ    44点
シューマッハ 31点
ライコネン   23点
フィジケッラ(ルノー)18点
マッサ     15点
モントーヤ   15点
バトン      13点
以下省略

となった。

チーム毎の得点では、
ルノー   62点
フェラーリ 46点
マクラーレン 38点
ホンダ    19点
以下省略

と続く。フェラーリのセカンド・ドライバー、フェリペ・マッサは、57戦ではじめて表彰台に上った。デビューは2002年でザウバー・チームであった。

|

« 第一回投票で選ばれた大統領 | トップページ | イタリアのポルノ産業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/10040098

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ復調:

« 第一回投票で選ばれた大統領 | トップページ | イタリアのポルノ産業 »