« 票の確認、中道右派意見分かれる | トップページ | 異議のあった票数は、5266票 »

2006年4月15日 (土)

フォルトゥーニョ暗殺事件、新たなペンティート

カラブリア州の州議会副議長であったフランチェスコ・フォルトゥーニョが殺された事件で、新たなペンティートが出た。地元のボスの甥である(コリエレ・デッラ・セーラ、4月8日)。

新たにペンティート(検察への協力者)となったのは、ドメニコ・ノヴェッラ、30歳。去る3月21日に逮捕されたが、レッジョ・カラーブリア反マフィア管区本部の司法官に協力しはじめた。

現在のところ、刺客の黒幕にまでは至っていないが、司法官はノヴェッラの協力を、フォルトゥーニョ事件(2005年10月16日)のみでなく、近年の犯罪事件にもおよぶものとして重視している。

この若い協力者は、ロクリデのンドランゲタのもっとも重要な一家のボス、トト・コルディの甥である。ドメニコ・ノヴェッラは、フォルトゥーニョ事件の動機と状況を明らかにしただけでなく、組織の「犯罪事件」を明らかにする可能性を秘めている。コルディ一家は、ロクリの支配権をめぐって、カタルド一家と戦争状態にあるのだ。

両者の激突は、現在まで30人の死者をうみだしている。

|

« 票の確認、中道右派意見分かれる | トップページ | 異議のあった票数は、5266票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9594676

この記事へのトラックバック一覧です: フォルトゥーニョ暗殺事件、新たなペンティート:

« 票の確認、中道右派意見分かれる | トップページ | 異議のあった票数は、5266票 »