« ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 | トップページ | プローディ、脱税には厳罰で »

2006年4月 7日 (金)

ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年(2)

イタリアのスポーツ紙「ガゼッタ・デッロ・スポルト」紙、110周年の続きである(コリエレ・デッラ・セーラ、4月3日の付録ガゼッタ・デッロ・スポルト特別号)。

「ガゼッタ・デッロ・スポルト」紙は、もともと「ラ・トリプレッタ」というトリノでエウジェーニオ・カミッロ・カスタマーニャが創設した新聞と、「イル・チクリスタ」という1895年に、エリゾ・リヴェーラによって創刊された雑誌が一緒になって、新たに出来た。

最初は、ガゼッタ・デッロ・スポルトという題字の下に、イル・チクリスタ・エ・ラ・トリプレッタと印刷されていたが、それがかっこに入れられるようになり、1897年1月1日には消えて、「ガゼッタ・デッロ・スポルト」のみとなった。

ガゼッタ・デッロ・スポルト紙の色であるが、前述のように創刊時は、緑色であった。白い紙より安価であったからだ。紙の管理には限界があって、1896年9月4日の新聞は、白く見える。この時から、しばらくの間、紙の色は一定しない。

1897年1月には、緑色に戻っている。

1899年1月2日にピンク色となる。

第一次大戦の余波で、1920年4月8日から5月11日まで、ピンク色を放棄した。

1943年9月8日から第二次大戦終了時までは、入手できる紙しだいで、白だったりピンクだったりする。

1945年、68日間の中断ののち、7月2日に新たにピンク色で発行再開し、今日に至る。

ガゼッタ・デッロ・スポルトで地方版があるのは5つ。ラツィオ、シチリア、カラーブリア、カンパーニャ、プーリア/バジリカータである。

世界におけるガゼッタ・デッロ・スポルト。ヨーロッパでは、ベルギー(1994年から)、スペイン(1999年から)でも印刷・発行されている。

アメリカでは、ニューヨークで、1994年、ワールドカップの直前から印刷・発行されている。

ついで、アルゼンチンのブエノスアイレス(2000年)、ブラジル(2000年)、オーストラリア(2001年)とイタリア系移民のいるところに広がっている。

ちなみに、ガゼッタ・デッロ・スポルトと同じ年、1896年生まれの文化人には、ノーベル賞詩人でコリエレ・デッラ・セーラにオペラ批評を書いたエウジェーニオ・モンターレ、小説「山猫」の作者ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ、画家フィリッポ・デ・ピシスがいる。

|

« ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 | トップページ | プローディ、脱税には厳罰で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9474793

この記事へのトラックバック一覧です: ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年(2):

» ワールドカップと経営と孫子 [戦略財務LLP ★☆★税務・法務・労務総合事務所の日常★☆★ ]
さて、今年はいよいよワールドカップの年です! 我らがニッポンが決勝リーグへ進んでくれることを願う今日この頃です! ですが、1次リーグ同じ組のブラジルは日本など眼中に無いようです。 主力温存などとなめられております! そんな日本が勝つためにはどうすればよいか!? 孫子は次のような言葉を残しております。 ... [続きを読む]

受信: 2006年4月23日 (日) 01時26分

« ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 | トップページ | プローディ、脱税には厳罰で »