« アルマーニ、将来は株式上場へ | トップページ | イタリア労働総同盟、ビアジ法の廃止求める »

2006年4月17日 (月)

マフィアの大ボス逮捕

シチリア・マフィアのボス中のボス、ベルナルド・プロヴェンツァーノが逮捕された(コリエレ・デッラ・セーラ、4月12日)。

彼が逮捕されたのは、コルレオーネ村から2キロメートルほど離れたところにある農家。43年の長きにわたる潜伏生活に終止符が打たれた。その農家は、羊飼いのジョヴァンニ・マリーノが、古いパンダで行ったり来たりして、リコッタやその他のチーズを運んでいるように見えたのだった。

プロヴェンツァーノは、抵抗もせず、「はい、私がプロヴェンツァーノです」と名乗ったという。彼は、コルレオーネ村から州都パレルモへ、ヘリコプターで運ばれた。

1992年5月23日のジョヴァンニ・ファルコーネ判事爆殺事件、同年7月19日パオロ・ボルセッリーノ判事爆殺事件の首謀者であるとされ、被告不在のまま、終身刑の判決が言い渡されている。

大物ボス逮捕の前例には、1993年1月15日のトト・リイナ(25年の潜伏)、1996年5月20日のジョヴァンニ・ブルスカ(ファルコーネ判事爆殺の実行犯)逮捕がある。

プロヴェンツァーノは、小さな紙にメッセージを作成し、その紙を送って命令を下していたのだが、そのメッセージは、ブラザーのAx-410という電動タイプライターで打たれていた。

|

« アルマーニ、将来は株式上場へ | トップページ | イタリア労働総同盟、ビアジ法の廃止求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9637932

この記事へのトラックバック一覧です: マフィアの大ボス逮捕:

» マフィアの支配 [Kißlegg's blog]
シチリア・マフィア(Sicilian Mafia)を告発する写真展がローマで開催されている(2006年 4月24日 AFP。写真あり)。... [続きを読む]

受信: 2006年4月28日 (金) 12時31分

« アルマーニ、将来は株式上場へ | トップページ | イタリア労働総同盟、ビアジ法の廃止求める »