« フィアットの取締役にインドのタータ氏 | トップページ | EU委員会、イタリア財政に2ヶ月の猶予 »

2006年4月27日 (木)

リクッチ・グループの内情

リクッチの築きあげたイタリア国内と海外の会社網が明らかになった(コリエレ・デッラ・セーラ、4月20日)。

まず、The Stefano Ricucci Trust のもとに Magiste Internatonal と Magiste Holding がある。前者は海外、後者は国内の会社を所有している。

Magiste International が所有するのは次の4社。ルクセンブルグに Raneda (100%所有)、Carlsson Real Estate (100%)、Ada srl (100%)、Beecroft Consultadoria e Servicos (100%)。

Magiste Holding が支配するイタリア国内の会社は次の7社。Magiste Spa (100%所有)、Magiste Re Property (99%)、Magiste Real Estate (99%)、Magiste Re Agency (99%)、Magiste Service (100%)、Movie Production (55%)、Tundra (100%)。

検察は、リクッチが両親に別荘や屋敷を譲渡していること、スイスの個人口座に現金を移していることなどをつかみ、破産申告の準備をしていたと見ている。

検察によると、未払いの税金も含め、リクッチの会社の負債総額は、8300万ユーロ。

イタリア人民銀行(BPI)に関し、不動産業者リクッチの未払い勘定は、1億ユーロ。

財務警察が確認した、リクッチの会社から、スイスの個人口座への送金は、200万ユーロとなっている。

|

« フィアットの取締役にインドのタータ氏 | トップページ | EU委員会、イタリア財政に2ヶ月の猶予 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9781154

この記事へのトラックバック一覧です: リクッチ・グループの内情:

« フィアットの取締役にインドのタータ氏 | トップページ | EU委員会、イタリア財政に2ヶ月の猶予 »