« EU内の国外移住の理由ー最多の動機は愛 | トップページ | モンテツェーモロの注文 »

2006年4月 3日 (月)

フィアット、ブラジル工場に投資

フィアットのブラジルでの活動が30周年を迎えた。フィアットはブラジルに11億5000万ユーロの投資をする計画である(コリエレ・デッラ・セーラ、3月29日)。

フィアットの自動車は、ブラジルで25%のシェアを占め、マーケットのリーダーである。次いで、Gmの22,5%、フォルクスワーゲンの21,5%となる。

フィアット・グループは、18工場に2万8千人の従業員をかかえる。ベティン工場は、世界中のフィアットの工場のうち最大のもので、従業員1万5千人、一日に2300台の自動車を製造する。

モンテツェーモロ会長(イタリア経団連会長でもある)は、自動車レースF1でフェッラーリを立て続けに優勝に導いた男としてブラジルでも名高く、ベティン工場でも熱い拍手を持って従業員に迎えられた。

モンテツェーモロ会長は、ここで二つのことを約束した。一つは、フィアットがブラジル(ほとんどはベティン)に、向こう3年間で、11億5千万ユーロ(1610億円)の投資をすること。

もう一つは、ブラジルで生まれたテクノロジー、アルコール・エンジンを輸入することである。燃料は、flex-fuel (フレックス燃料)といい、ブラジルでは、新車登録は、ガソリンやディーゼルを用いる従来型の自動車を上回っている。

ブラジル・フィアットの歴史は、1973年3月28日、ジョヴァンニ・アニェッリがブラジル当局との合意書に署名をして始り、1976年にフィアット147(127の熱帯版)がベティン工場で生産された。

それ以来、900万台の自動車が生み出された。また、1985年以来、一時間もストがない。ここの給料は、ブラジルで最も高い事業所の一つなのである。

|

« EU内の国外移住の理由ー最多の動機は愛 | トップページ | モンテツェーモロの注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9415398

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット、ブラジル工場に投資:

« EU内の国外移住の理由ー最多の動機は愛 | トップページ | モンテツェーモロの注文 »