« プローディ、「カルデローリの話はでっちあげ」 | トップページ | アルマーニ、将来は株式上場へ »

2006年4月17日 (月)

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、初の女性理事

1472年創業以来500年以上の歴史をもつモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行(MPS)で、初の女性理事が誕生する見込みである(コリエレ・デッラ・セーラ、4月11日)。

初の栄光を担う女性は、ルチーア・コッケーリ、56歳。生まれは、Barberino Val D’Elsa(フィレンツェ県、キャンティ地方)であるが、長年シエナに住んでいる。10日夜に、MPSの基金から理事候補の指名を受けた。4月29日の総会で正式に選ばれる見通しである。

彼女は、現在 Sienambiente というシエナ県のごみ処理・リサイクルを一手に引き受ける公社の会長。

一方、MPS全体の会長には、ジュゼッペ・ムッサーリが就任する予定。ムッサーリは、43歳、左翼民主系の弁護士で、2001年以来、MPSの基金を率いてきた。

MPSの基金のトップには、ムッサーリに代わって、現在ナンバー2のガブリエッロ・マンチーニ(マルゲリータ)が就任するものとみられる。

|

« プローディ、「カルデローリの話はでっちあげ」 | トップページ | アルマーニ、将来は株式上場へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9632723

この記事へのトラックバック一覧です: モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行、初の女性理事:

« プローディ、「カルデローリの話はでっちあげ」 | トップページ | アルマーニ、将来は株式上場へ »