« イタリア総選挙、本日、票数確定 | トップページ | ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 »

2006年4月20日 (木)

総選挙、破毀院の判定で、プローディの勝利確定

4月9日、10日実施されたイタリアの総選挙は、異議票の調査などをへて、破毀院のもとの全国中央選挙管理委員会のもとから公式結果が4月19日18時に発表され、プローディの勝利が確定した(この項、Corriere.it による)。

公式発表によると、最終的な獲得投票は、
下院:プローディを首班とする政党連合
            1900万2598票
    ベルルスコーニを首班とする政党連合
            1897万7843票

その差は、2万4755票である。控訴院のもとで調査された異議票にもとづき配分された票は、中道右派1383票、中道左派914票であった。

またカルデローリ元大臣より、異議申し立てのあった《Lega  per Alleanza Lombarda》 の票についても、中道左派の票として含めることが認められた。

この判定に対し、中道左派が満足したことは言うまでもないが、中道右派の対応はばらばらである。

キリスト教民主連合(CDL)のチェーザは、敗北を認め、プローディに祝意を表したが、フォルツァ・イタリアのトレモンティ財務大臣は、票確認の追加を求めている。

|

« イタリア総選挙、本日、票数確定 | トップページ | ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9679783

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙、破毀院の判定で、プローディの勝利確定:

« イタリア総選挙、本日、票数確定 | トップページ | ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 »