« ドラーギ、イタリア経済は回復基調 | トップページ | イル・マニフェスト紙、35周年 »

2006年4月30日 (日)

イタリア人科学者、買い物のニューロン発見

イタリア人科学者カミッロ・パドア=スキオッパが、買い物のニューロンを発見し、科学雑誌ネイチャーに発表した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月23日)。

「買い物のニューロン」というのは、何故、どのようにして、選択が行われるかに関わるニューロンのことである。パドア=スキオッパは、大脳皮質の前方部分(前頭葉に近い部分)で、選択を行うニューロンが存在することを突き止めた。

その部分の一群のニューロンが「点いたり」、「消えたり」して、選択の有利、不利を勘案するらしい。

発表したパドア=スキオッパは、36歳。ローマ大学サピエンツァ校を卒業し、アメリカのMITの認知科学で博士号(Ph D)を取得。今回の研究はハーヴァード・メディカル・スクールでのもの。

|

« ドラーギ、イタリア経済は回復基調 | トップページ | イル・マニフェスト紙、35周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9831686

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア人科学者、買い物のニューロン発見:

« ドラーギ、イタリア経済は回復基調 | トップページ | イル・マニフェスト紙、35周年 »