« 国際通貨基金による予想 | トップページ | ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 »

2006年4月 7日 (金)

ヴェルトローニとルテッリの協約

ローマ市長のヴァルター・ヴェルトローニとマルゲリータの党首フランチェスコ・ルテッリが総選挙後に民主党をつくることで合意した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月2日)。

ヴェルトローニは、1996年の総選挙で中道左派が勝つ原動力となったウリーヴォ(オリーヴの木)結成の立役者で、現在はローマ市長をつとめている。ヴェルトローニは、総選挙で中道左派が勝つだけでは、十分でなく、現在の比例選挙のもとでは、二極対立が崩壊してしまい、中道左派がばらばらになってしまうということを懸念している。

一方、マルゲリータ党のルテッリは、選挙後にすぐに民主党 (partito democratico) を結成したいと考えており、それは小さな都市のようなもので、参加の求めに応えることができるものと考えている。

|

« 国際通貨基金による予想 | トップページ | ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9473262

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェルトローニとルテッリの協約:

« 国際通貨基金による予想 | トップページ | ガゼッタ・デッロ・スポルト、110周年 »