« ミラノ証券市場、続々新規上場 | トップページ | 《皇帝ティトの慈悲》 »

2006年4月23日 (日)

フェラーリ、今年初の勝利

F1サンマリノ・グランプリで、フェラーリのミハエル・シューマッハが優勝した。今年、初の勝利である(この項、rai.it およびフジ721による)。

4月23日、イモラで開催されたF1の第4戦は、前日の予選でミハエル・シューマッハがポール・ポジションを取り、本戦でもそのまま一位を獲得した。

2位は、ルノーのフェルナンド・アロンソ。一回目のピット・ストップ(タイヤ交換および燃料補給)のあと、シューマッハとアロンソの差はごくわずかな状態がずっと続いた。

3位は、モントーヤ。4位に、フェラーリのセカンド・ドライバーのフェリペ・マッサ。ルノーのジャンカルロ・フィジケッラは8位にとどまった。

フェラーリの会長ルーカ・ディ・モンテツェーモロはイモラ・サーキットに乗り込む意気込みであったが、その期待にこたえる優勝に歓喜した。

|

« ミラノ証券市場、続々新規上場 | トップページ | 《皇帝ティトの慈悲》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9734912

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ、今年初の勝利:

« ミラノ証券市場、続々新規上場 | トップページ | 《皇帝ティトの慈悲》 »