« ピアッジョ、ハイブリッドのスクーター開発 | トップページ | リクッチ逮捕 »

2006年4月24日 (月)

イタリアの財政状況

イタリアの財政状況について、イギリスのファイナンシャル・タイムズ紙のドイツ人論説委員が、危惧の念を示した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月18日)。

この論説委員は、ヴォルフガング・ムンチャウで、今回のプローディの僅差の勝利を最悪の結果とし、2015年以降、イタリアがユーロを離脱することもありうるとした。

イタリアの財政状況はどれくらい悪いのか。

累積赤字を国内総生産と比較すると、
2004年  103,8%
2005年  106,4%
2006年  107,4%(予想)
となっている。

累積赤字は、今年1月時点で、1兆5440億ユーロ(216兆円)で、2005年には、644億ユーロ(9兆160億円)の利子を払っている。

ちなみに日本の長期債務残高(国と地方を合わせる)は2004年度末で740兆円、国だけで570兆円となっている。

また、10年国債の利率は、イタリアが4,266%に対し、ドイツが3,951%。30年国債の利率は、イタリアが4,659%に対し、ドイツ4,223%となっている。

ファイナンシャル・タイムズは、イタリアの問題に関してはいつも手厳しい。プローディのスポークスマン、シルヴィオ・シルカーナは、市場は、われわれが実現する政策によって判断するだろう、とした。

|

« ピアッジョ、ハイブリッドのスクーター開発 | トップページ | リクッチ逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9747423

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアの財政状況:

« ピアッジョ、ハイブリッドのスクーター開発 | トップページ | リクッチ逮捕 »