« 上院議長選、中道右派アンドレオッティを担ぎ出す | トップページ | イタリア人科学者、買い物のニューロン発見 »

2006年4月30日 (日)

ドラーギ、イタリア経済は回復基調

イタリア中央銀行の総裁、マリオ・ドラーギは、イタリア経済は何とかなりうるという見通しを示した(コリエレ・デッラ・セーラ、4月23日)。

ドラーギのイタリア経済楽観視の根拠の一つは、ドイツ経済の予想が上方修正される見込みであること。ドイツ経済が良くなると、それがヨーロッパ各国に波及するという理屈である。

また、誰の内閣となっても、イタリアはユーロ圏内に留まるであろうとも述べた。

ジュリオ・トレモンティ経済相は、「事態がうまく行かないときは、ベルルスコーニ政府のせいとなり、うまく行くと、ドイツのおかげとなる」と不満げである。

|

« 上院議長選、中道右派アンドレオッティを担ぎ出す | トップページ | イタリア人科学者、買い物のニューロン発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9831107

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ、イタリア経済は回復基調:

« 上院議長選、中道右派アンドレオッティを担ぎ出す | トップページ | イタリア人科学者、買い物のニューロン発見 »