« ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 | トップページ | チャンピの慎重姿勢への賛否 »

2006年4月20日 (木)

忘れられた映画《La citta' dolente》修復中

1947ー48年に撮影され、旧ユーゴスラビアのポーラからイタリアへ脱出する人々を描いた映画《La citta' dolente》 の修復作業が開始された(コリエレ・デッラ・セーラ、4月13日)。

この映画、1947、48年にマリオ・ボンナルド監督により製作され、脚本には、フェデリコ・フェリーニ、アルド・デ・ベネデッティ、アントン・ジュリオ・マイアーノが参加。主演は、ルイジ・トーゾ、ジャンニ・リッツォ、コンスタンス・ダウリングである。

第二次大戦が終わり、ポーラ(イタリアからユーゴスラビアへ、そしてクロアチアへと帰属が移っていった)の町がイタリアでなくなり、約3万人のイタリア人市民の脱出が始まった。様々なドラマが生じたことは想像に難くない。それを映画化したものである。

この映画は、プロパガンダとドキュメンタリーの入り交じった変わった映画で、完成してからも、一年間封切りをとめられていた。封切りは、1949年3月4日。その後、長らく忘れられていたが、このたび、フリウリのチネテーカが修復作業に入った。

|

« ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 | トップページ | チャンピの慎重姿勢への賛否 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9684849

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れられた映画《La citta' dolente》修復中:

« ピエロ・デッラ・フランチェスカの《キリストのむち打ち》 | トップページ | チャンピの慎重姿勢への賛否 »