« リトルイタリーの恋 | トップページ | チェチーリア・バルトリのリサイタル »

2006年3月27日 (月)

「ネイチャー」の警告

科学雑誌「ネイチャー」がイタリアの科学の現状に対し警告を発した(コリエレ・デッラ・セーラ、3月18日)。

この特別記事は、アリソン・アボットの筆になるもので、「イタリアの科学を救うには」と題されている。この記事が、現政権を批判しているのは、《industry-friendly》な研究を優先していること。即ち、具体的で、直ぐさま、結果が出るものを重視し、純粋で基礎的な研究をなおざりにしている点である。

また、2005年に政府が研究のために費やす予算は、国内総生産の0,71%である。

給与についても問題がある。5万5千人の研究者は、月額900から1000ユーロで働いているが、イギリスでは、平均で3600ユーロもらっている。

研究者の高齢化も悩みの種だ。イタリアの研究者の平均年齢は50歳。非常勤が平均で8年続く。

ウニオーネ(中道左派)のプローディは、政権を獲得したら、基礎研究を再び立ち上げると言っているが、懸念もある。イタリアは生体幹細胞の利用についてヨーロッパの中でも最も規制の厳しい法律があるのだが、プローディは、実験に反対する仲間をどう説得するのかという疑問を「ネイチャー」は提出している。

|

« リトルイタリーの恋 | トップページ | チェチーリア・バルトリのリサイタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9290847

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネイチャー」の警告:

« リトルイタリーの恋 | トップページ | チェチーリア・バルトリのリサイタル »