« ルイーニ枢機卿、PACSに反対を表明 | トップページ | 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 »

2006年3月29日 (水)

教会内の政治動向ー(1)中道左派

カトリック教会内の政治傾向を図示し、簡潔な解説がのったので紹介する(コリエレ・デッラ・セーラ、3月21日)。

図表の製作はコリエレ・デッラ・セーラ紙。大きく三つにわけられ、中道左派の領域、どちらにも与しない、中道右派の領域となっている。ただし、あくまでも教会内の中道左派より、中道右派よりであって、イタリア政治におけるそれとぴったり一致するわけではない。

1.中道左派の領域
  その中に4つのグループがある。
  左から Acli, Scout Agesci, Pax Christi,Paoliniと Famiglia Cristiana である。 

  Acli (Associazioni cristiane lavoratori italiani) はイタリア・キリスト教労働者協会で1944年設立の団体。余暇活動を組織しているが、この協会の長は、マルゲリータ党(中道左派)から立候補するために辞任したばかりである。

 Scout Agesci(Associazione Guide e Scout Cattolici italiani) は、いわゆるボーイスカウトのスカウトで、もともとは1910年にトスカーナのバーニ・ディ・ルッカとジェノヴァで始った。今の組織体になったのは、1974年のこと。現在の会員は17万人強。前幹部のクリスティーナ・デ・ルーカは、マルゲリータ党から立候補している。

Pax Christi は、世界的な平和運動を推進するグループでイタリアのそれは1954年に誕生した。最近、フォルツァ・イタリア党のボンディ議員の教区司祭への手紙に対し、激しく反応した。会長のトンマーゾ・ヴァレンティネッティ司教が、「我々を買おうとなさいますな」と苦言を呈した。

Paolini は聖パオロ会または聖パオロ修道会、Famiglia Cristiana はその週刊誌であるが、どちらもジャーコモ・アルベリオーネ神父によって創始された。「ファミリア・クリスティアーナ」誌は、社説で、「誰も、キリスト教の価値を独占することは出来ない」とし、ベルルスコーニは、「ドン・ストゥルツォ(人民党創設者)以来、カトリック政治家に共通する性格をまったく持っていない」と批判した。 

|

« ルイーニ枢機卿、PACSに反対を表明 | トップページ | 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9319982

この記事へのトラックバック一覧です: 教会内の政治動向ー(1)中道左派:

« ルイーニ枢機卿、PACSに反対を表明 | トップページ | 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 »