« ベルルスコーニとプローディのプロフィール | トップページ | ムーティ、メトを振るか? »

2006年3月22日 (水)

ローマのラビ、モスクに行く

ローマのユダヤ教のラビが、イスラムのモスクを訪れた(コリエレ・デッラ・セーラ、3月14日)。

ローマのユダヤ教のラビ、リッカルド・ディ・セーニがローマ郊外のモスクを訪れた。このモスクは、パオロ・ポルトゲージの設計で1995年に建立されたヨーロッパ最大のモスクである。

イタリアのユダヤ教徒とイスラム教徒の基本データは以下の通り。

ユダヤ教徒 全国で30,000人。1938年の人種法以前は、44,000人いた。

ローマには、16,000人のユダヤ教徒がいて、イタリア最大のユダヤ人コミュニティーであると同時に、紀元前まで遡る世界一古いユダヤ人コミュニティーでもある。

イタリアには21のユダヤ人コミュニティーがある。ローマについで大きいのはミラノのそれで、7000人が登録。

ユダヤ教の寺院シナゴーグは50あるが、中北部に集中している。

一方、イタリアのイスラム教徒は、80万人。そのうち73万人は移民。

10万人がローマに住む。20以上の国籍に渡る。

祈りの場所ーモスク、文化センター、個人のアパートなどーは、350ある。

モスクの数は80。通常の役割とともに、コーランを教える文化的活動も行っている。

|

« ベルルスコーニとプローディのプロフィール | トップページ | ムーティ、メトを振るか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9214467

この記事へのトラックバック一覧です: ローマのラビ、モスクに行く:

« ベルルスコーニとプローディのプロフィール | トップページ | ムーティ、メトを振るか? »