« ベルルスコーニ、イタリア経団連と対立 | トップページ | 教会内の政治動向ー(1)中道左派 »

2006年3月29日 (水)

ルイーニ枢機卿、PACSに反対を表明

イタリア司教協議会議長のルイーニ枢機卿は、あらためてPACS(市民協約)に反対の意向を示した。また同時に、今回の選挙で、どちらかの側に立つことはしないことも明らかにした(コリエレ・デッラ・セーラ、3月21日)。

ルイーニ枢機卿は、イタリア司教協議会(CEI)で発言しているわけだが、時期を考えれば、選挙民への事実上の呼びかけと考えてよいだろう。

ルイーニは、直接的に Pacs に言及しているのではなくて、いくつかの州で、事実婚が承認され、法制化の動きがあることを懸念しているという表現である。名指しされてはいないが、言及されているのは、トスカーナ、プーリア、ウンブリア、ピエモンテ、カンパーニャ、エミリアの各州である。

また、ルイーニが注意を喚起しているのは4点ある。中絶、安楽死、伝統的家族の擁護、事実婚承認への反対である。この4点に関して、彼の言葉は、中道右派の政治プログラムにより近い。

しかし同時に、特定の政治勢力や政党と組むわけではないとしている。

また、経済に関しては、2005年における成長の欠如と、公的負債の増加に言及している。

|

« ベルルスコーニ、イタリア経団連と対立 | トップページ | 教会内の政治動向ー(1)中道左派 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9314000

この記事へのトラックバック一覧です: ルイーニ枢機卿、PACSに反対を表明:

« ベルルスコーニ、イタリア経団連と対立 | トップページ | 教会内の政治動向ー(1)中道左派 »