« 夏時間、開始 | トップページ | ナンニ・モレッティ、20年振りにテレビ出演 »

2006年3月31日 (金)

アンドレア・コルデロ・ディ・モンテツェーモロ、枢機卿に任ぜられる

アンドレア・コルデロ・ディ・モンテツェーモロが、アルデアティーネの虐殺の記念日に、枢機卿に任ぜられた(コリエレ・デッラ・セーラ、3月26日)。

アルデアティーネの虐殺というのは、ローマを占領していたドイツ軍が、1944年3月24日、パルティジャーニをはじめとする政治犯335人を銃殺刑に処し、採石場に埋めた事件である。

枢機卿の緋法冠をさずかったアンドレア・コルデロ・ランツァ・ディ・モンテツェーモロは、1944年当時は、イタリア解放軍の志願兵だった。

さらに、重要なことに、彼の父、ジュゼッペ・コルデロ・ランツァ・ディ・モンテツェーモロは、対独・非合法軍事戦線の創設者であり、司令官であった。当然、ドイツ軍からは、不倶戴天の敵とにらまれ、ジュゼッペ、アンドレア親子は地下に潜伏していた。

父ジュゼッペは、1944年1月25日にドイツ軍に捕えられ、拷問を受け、アルデアティーネで334人のものと一緒に銃殺された。

息子アンドレアに緋法冠をさずける教皇はドイツ人で、授けた日が、アルデアティーネの記念日であることが、注目を集めた。

ちなみに、アンドレアは、イタリア経団連会長ルーカ・コルデロ・ディ・モンテツェーモロの従兄弟である。

|

« 夏時間、開始 | トップページ | ナンニ・モレッティ、20年振りにテレビ出演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9361509

この記事へのトラックバック一覧です: アンドレア・コルデロ・ディ・モンテツェーモロ、枢機卿に任ぜられる:

« 夏時間、開始 | トップページ | ナンニ・モレッティ、20年振りにテレビ出演 »