« 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 | トップページ | フォルトゥーニョ殺人事件、9人逮捕 »

2006年3月30日 (木)

教会内の政治動向ー中道右派

教会内の政治動向の最後は、中道右派である(コリエレ・デッラ・セーラ、3月21日)。

ここには4つのグループがある。Compagnia delle Opere (Comunione e Liberazione), Movimento per la vita, Opus Dei, Legionari di Cristo である。

Compagnia delle Opere は事業会とでも訳せばよいのだろうか。ある種の互助組織であって、様々な事業を推進しているらしい。この会の宣伝ビラには、「中道右派に投票しよう。中道左派には、急進派とボルシェヴィズムが支配的である」とある。ただし、ややこしいのは、Compagnia delle Opere の母体である Comunione e Liberazione(聖体拝領と解放)は、どちらにも与しないとしている。

Movimento per la vita は「生命のための運動」で、いわゆるプロライフの立場である。立候補者や選挙民に、手引書を配布しているが、その「決定的な基準」は、「生命の権利」と「婚姻に基づく家族」である。

Opus Dei(オプス・デイ)と Legionari di Cristo(キリストの軍団)は、ともにキリスト教のアイデンティティーを守ることに熱心なグループである。選挙に関して直接の言及はしなくても、保守派と考えられている。

|

« 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 | トップページ | フォルトゥーニョ殺人事件、9人逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9330883

この記事へのトラックバック一覧です: 教会内の政治動向ー中道右派:

« 教会内の政治動向ー(2)中間勢力 | トップページ | フォルトゥーニョ殺人事件、9人逮捕 »