« 盗聴事件で、保健相辞任 | トップページ | ベルルスコーニ対プローディのテレビ対決、アメリカ式に »

2006年3月21日 (火)

突然の動き、カピタリア銀行、インテーザ銀行の2%を買収

イタリアの大手銀行カピタリアが、インテーザ銀行の株式2%を取得したことを発表した(コリエレ・デッラ・セーラ、3月11日)。

株式の2,02%取得とのことであるが、6億ユーロ以上に相当する額であり、この動きは、二つの銀行の合併か、と関係者の注目を集めている。

これを受けて、カピタリアの株は、2,35%上昇。

カピタリア銀行(ローマ)を率いるマッテオ・アルペは、インテーザ銀行(ミラノ)に対する敵対的なオペレーションではないとしている。

|

« 盗聴事件で、保健相辞任 | トップページ | ベルルスコーニ対プローディのテレビ対決、アメリカ式に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9195018

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の動き、カピタリア銀行、インテーザ銀行の2%を買収:

« 盗聴事件で、保健相辞任 | トップページ | ベルルスコーニ対プローディのテレビ対決、アメリカ式に »