« 浮動票の行方 | トップページ | ミルズ弁護士とベルルスコーニ »

2006年3月 6日 (月)

フランカ・ラーメの立候補

イタリアの女優フランカ・ラーメがディ・ピエトロの政党から上院選挙に立候補する(コリエレ・デッラ・セーラ、2月28日)。

フランカ・ラーメは、ノーベル賞作家ダリオ・フォの夫人で、イタリア左派急進主義のシンボル的存在である。

しかし、この度、ラーメが立候補するのは、ディ・ピエトロの政党「価値あるイタリア」(Italia dei Valori)からである。

夫のダリオは最初は反対だったという。フランカは友人たちに相談し、立候補を決めた。

ダリオ・フォは先日、ミラノ市長の中道左派の予備選に出て敗れたばかりだが、もともと共産党再建党に近い。

フランカ・ラーメは何故、共産党再建党や左派から出ないのかと尋ねられ、求められなかったからだし、その理由は、私ではなく、彼らに聞いてくれと答えている。

|

« 浮動票の行方 | トップページ | ミルズ弁護士とベルルスコーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8973949

この記事へのトラックバック一覧です: フランカ・ラーメの立候補:

« 浮動票の行方 | トップページ | ミルズ弁護士とベルルスコーニ »