« ローマのラビ、モスクに行く | トップページ | テレビ対決の評価 »

2006年3月23日 (木)

ムーティ、メトを振るか?

昨年4月スカラ座を去った指揮者のリッカルド・ムーティが、今シーズン、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場を振るかもしれない(コリエレ・デッラ・セーラ、3月14日)。

メトロポリタン歌劇場の常任であるジェイムズ・レヴァインが怪我をしたため、今シーズンの代理として、候補にあがっているもの。

ムーティはこれまでメトを振ったことはなく、実現すると、貴重な機会となる。

他に候補者として、名があがっているのは、ダニエル・バレンボイム、エサ=ペッカ・サロネン、ヴァレリー・ゲルギエフなどである。

怪我をしたレヴァインに代わって、誰かが残りの24公演の指揮および5月の日本公演を振らねばならないのである。

現在のところ、ムーティは、2009/10年のヴェルディ作曲の『アッティラ』とロッシーニの『アルミダ』を振ることになっている。

|

« ローマのラビ、モスクに行く | トップページ | テレビ対決の評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/9216868

この記事へのトラックバック一覧です: ムーティ、メトを振るか?:

« ローマのラビ、モスクに行く | トップページ | テレビ対決の評価 »