« ネオファシストの主張 | トップページ | イタリアとノーベル文学賞 »

2006年2月23日 (木)

フィアット、10年ぶりにヒット

フィアットの新車グランデ・プントが、2006年1月ヨーロッパでもっとも売れた車であることが判明した(コリエレ・デッラ・セーラ、2月17日)。

初代のプントは、1993年に発売され、600万台を発売した。

グランデ・プントは、2005年に発売されたが、この1月、西ヨーロッパで、もっとも売れた車となった。月間最多販売となったのは、フィアット車では10年ぶりのこと。

1月に西ヨーロッパで新車登録されたフィアット車は10万台で、去年より19,8%の増加。特にドイツでは、67%の増加で、市場占有率が2,6%となった。スペインでは、30%の増加。

|

« ネオファシストの主張 | トップページ | イタリアとノーベル文学賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8793863

この記事へのトラックバック一覧です: フィアット、10年ぶりにヒット:

« ネオファシストの主張 | トップページ | イタリアとノーベル文学賞 »