« ローマのウルトラ | トップページ | ロッシ、素早い上達 »

2006年2月 7日 (火)

悪魔崇拝のカルトに有罪

悪魔崇拝のカルト「悪魔の獣」のメンバー全員に有罪がくだった(コリエレ・デッラ・セーラ、2月1日)。

彼らが有罪になるまでにはいろいろな事件が起こっている。1998年1月には、ファビオとキアーラが惨殺されている。彼らの行方は6年間、謎であったのだ。

2004年にはマリアンジェラ・ペッツォッタが殺された。遺体の顔面は激しく損傷していたという。

メンバーの一人アンドレア・ボンターデは、ボスのニコラ・サポーネから命ぜられ、自動車に乗って、時速180キロで壁にぶつかり自殺している。

ニコラ・サポーネは無期懲役に、その他のメンバーは懲役24-26年が言い渡された。

|

« ローマのウルトラ | トップページ | ロッシ、素早い上達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8555427

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔崇拝のカルトに有罪:

« ローマのウルトラ | トップページ | ロッシ、素早い上達 »