« 政治家と学歴 | トップページ | イタリア人とイギリス人の昼食時間 »

2006年2月 2日 (木)

世論調査

支持政党を調べる世論調査が実施された。1603人を対象とし、回答率は85パーセント。誤差2,5%(コリエレ・デッラ・セーラ、1月28日)。

質問は、「明日総選挙があるとしたら、どの党にいれますか?」というもの。

まず中道右派

フォルツァ・イタリア 20,5%

国民同盟   12,5%

キリスト教民主同盟 6%

北部同盟        4%

その他の中道右派  4%

中道右派の合計  47%

中道左派は、というと

左翼民主(党)   23%

マルゲリータ    9,5%

共産主義再建党 8,5%

緑の党        2%

価値あるイタリア党(ディ・ピエトロが率いる)2%

握り拳のバラ党(急進自由社会主義)1,5% 

その他の中道左派    5%

中道左派の合計   51,9%

また、「2006年の選挙ではどこが勝つと思いますか?」という質問には、

中道右派 30%

中道左派 48%

その他   1%

わからない 21%

また、首相シルヴィオ・ベルルスコーニに対する評価を10点で尋ね、6-10をポジティヴ、1-5をネガティヴとすると、

ポジティヴ 37%

ネガティヴ 61%

わからない 2%

となっている。

全体としては、中道左派有利であるが、先月の調査と比較すると、中道右派が追い上げつつある。

|

« 政治家と学歴 | トップページ | イタリア人とイギリス人の昼食時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8475163

この記事へのトラックバック一覧です: 世論調査:

« 政治家と学歴 | トップページ | イタリア人とイギリス人の昼食時間 »