« イスラム世界のキリスト教徒 | トップページ | Unipol の株価上昇 »

2006年2月14日 (火)

Olimpia とHopa 離別か

Olimpiaを中心としたシンジケート(証券引受団)の契約が切れる(コリエレ・デッラ・セーラ、2月7日)。

Olimpiaはテレコムの18%を支配する巨額な資金を動かす会社であるが、Pirelli(タイヤ会社)系である。ピレッリがOlimpiaの57、7%を支配している。その他、ベネトン家がOlimpiano16,8%を所有している。あとはEdizione Holdingが16,8%、Banca IntesaとUniCreditoが4,7%ずつ、となっている。

このシンジケートは、Pirelli,Edizione Holding, Banca Intesa, UniCredit によって2003年に締結されたが、2006年5月8日に期限が切れる。

Hopaはブレーシャの投資会社であるが、HopaはOlimpiaの16%を持っている。このシンジケートが切れたあとは、Olimpiaが買い戻すかもしれない。

また、HopaとOlimpiaは、Holinvestという会社に共同出資していて、Hopaが80,1%、Olimpiaが19,9%の割合だが、Holinvestはテレコムの3,7%を所有している。この関係も清算されるのかもしれない。

|

« イスラム世界のキリスト教徒 | トップページ | Unipol の株価上昇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8648587

この記事へのトラックバック一覧です: Olimpia とHopa 離別か:

» Olimpia, Hopa との関係を清算 [イタリアに好奇心]
ピレッリ系の会社オリンピアは、投資会社Hopaとの関係を清算する(コリエレ・デッ [続きを読む]

受信: 2006年5月28日 (日) 11時47分

« イスラム世界のキリスト教徒 | トップページ | Unipol の株価上昇 »