« シャイー、スカラ座に帰る | トップページ | チャンピ大統領、ウィーン訪問をキャンセル »

2006年1月27日 (金)

チャンピ、司法改革法を議会に送り返す

チャンピ大統領は、ペコレッラ法(一審で無罪になった者に対し控訴できないとする法案)の法案に署名せず、明らかな憲法違反があるとして、議会に送りかえした(コリエレ・デッラ・セーラ、1月21日)。

チャンピ大統領のNOは6ページにわたるもの。法案を下院に送り返し、法案の書き直しを要求した。野党のリーダー、ロマーノ・プローディは、法案は深く再検討されねばならない、と歓迎した。

しかしベルルスコーニ首相は、国会の会期を延長してでも、法案を修正し、これを通したい構え。

もともとの会期は1月29日までで、総選挙は4月9日の予定である。

|

« シャイー、スカラ座に帰る | トップページ | チャンピ大統領、ウィーン訪問をキャンセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8368352

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピ、司法改革法を議会に送り返す:

« シャイー、スカラ座に帰る | トップページ | チャンピ大統領、ウィーン訪問をキャンセル »