« Eメール依存症 | トップページ | プローディ、民主党の立ち上げを再び呼びかける »

2006年1月21日 (土)

中絶法擁護のデモ

ミラノで、中絶法(194号法)の変更に反対するデモがおこなわれ、20万人(ミラノ警察によると10万人)が集まった(コリエレ・デッラ・セーラ、1月15日)。

1970年代に獲得された権利として、生む生まないを選択する権利を保障するものとして194号法は、象徴的な意味合いを持っている。

先日、妊娠を理由にオリンピックを棄権することにした滑降のイゾルデ・コストナー(フィギュア・スケートのコストナーの従姉妹)は、自分は、ヴァーチャルにこのデモに参加しているとのべ、賛同の意を示した。イゾルデ・コストナーの母になることを優先した選択は、プロ・ライフの模範のように受け取られる可能性もあり、実際、カトリック系の雑誌《Avvenire》の社説で模範的と讃えられただけに、意外の感がある。しかし、コストナーは、女性の抱えている事情は、人によってそれぞれ異なるのであり、中絶を選ぶ人には、自分とは異なる重い事情があるに違いないと述べている。

|

« Eメール依存症 | トップページ | プローディ、民主党の立ち上げを再び呼びかける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8267960

この記事へのトラックバック一覧です: 中絶法擁護のデモ:

« Eメール依存症 | トップページ | プローディ、民主党の立ち上げを再び呼びかける »