« 正当防衛の範囲、広がる | トップページ | シャイーの手綱さばき »

2006年1月31日 (火)

カラマンドレイとファシズム下の民事裁判

第二次大戦中レジスタンス運動のリーダーの一人であったピエロ・カラマンドレイが、ファシズム下で民事訴訟法改訂(改悪)に関わっていたことが新たに問題視されている(コリエレ・デッラ・セーラ、1月25,26日)。

この論争は、カラマンドレイの『レジスタンスの男たちと都市』の復刊がきっかけである。

カラマンドレイ(1889-1956)は、法律家、政治家で、1940年の民事訴訟法の改正に関わった。その法律は時の法務大臣ディーノ・グランディが署名した。

カラマンドレイの法律の文案作成への関わりが、単に技術的なものであったのかは議論が分かれている。

バーリ大教授(民事訴訟法)のフランコ・チプリアーニによると、1940年の民事訴訟法は、すぐれてファシスト的であった。被告・原告の権利を削減し、裁判官の自由裁量権が非常に大きく、(256条によると)証人の逮捕すらできたのだ。

この改悪の結果は破滅的なものだったという。こういったことに、カラマンドレイは責任があったのだろうか。むしろ、改悪を最小限にとどめるべく尽力したという意見もある。

カラマンドレイは1943年になって、抵抗運動に身を投じることになるが、武装闘争には常に懐疑的であったようだ。

|

« 正当防衛の範囲、広がる | トップページ | シャイーの手綱さばき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/8441993

この記事へのトラックバック一覧です: カラマンドレイとファシズム下の民事裁判:

« 正当防衛の範囲、広がる | トップページ | シャイーの手綱さばき »